月別アーカイブ: 2015年8月

お肌と喫煙の関係

有害物質とは?
有害物質とは?

「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」と言う話をよく耳にしますが、それはお肌についても言えることです。
本当に白い肌にしたいのなら、すぐに禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)するべきです。
そのワケとして真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。
タバコを吸ってしまうと、美白に大事なビタミンCが破壊されます。
ヒアルロン酸は人体にも含まれるタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に含まれるゲル状のものです。
大変水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含有されています。
年齢といっしょに減少する成分なので、自発的に補うようにしてください。
洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に大切なことです。
おろそかにしてしまうとますます肌が乾燥してしまいます。
そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。
ほかにも入浴剤を浴槽に入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのも乾燥肌に有効です。
冬になるにつれ空気は乾燥していき、それによって肌の水分も奪われます。
潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。
乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを念入りなお手入れをこころがけて頂戴。
冬の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。
肌がかさつくなら、低刺激の洗顔料を選択してよーく泡たてて、お肌がこすれ過ぎないようにして頂戴。
力任せに洗うと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。
さらに、洗顔の次に必ず保湿しましょう。
化粧水に限らず、乳液、美容液、クリームなども場合によって使って頂戴。

肌荒れにはセラミド

肌荒れが気になる時には、セラミドを補充して下さい。
セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分と供にある「細胞間脂質」のことです。
角質層は複数層の細胞から作られていて、、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。
それが、表皮の健康を保つ防護壁のようなはたらきもあるため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。
ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に分類されるゲル状の物質です。
保湿力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、大体、間ちがいなくヒアルロン酸が含有されています。
年を重ねるに従って減少する成分なので、積極的に補充するようにしましょう。
元々、お肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を合わせてつけると良いと思います。
特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。
きちんと保湿しておくことと血のめぐりを良くすることが冬のスキンケアの秘訣です。

いまやいろいろなサプリが
いまやいろいろなサプリが

コラーゲンのうりである最も重要な効果は肌の効果です。
コラーゲンをとることで、自分の体内にあるコラーゲンの代謝が活発になり、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。
体内のコラーゲンが足りなくなることで肌が老化してしまう原因となるので、若い肌を継続するためにも積極的に摂取すべきです。
「お肌の為には、タバコは厳禁!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても言えることです。
もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。
タバコが美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。
喫煙してしまうと、美白に重要なビタミンがなくなってしまいます。

コラーゲンやヒアルロン酸

お肌の基本成分
お肌の基本成分

ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にもふくまれるタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」との名前が付いたゲルみたいな成分です。
とても水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含有されています。
加齢に伴って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。
保水能力が小さくなると肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)が頻繁に起きやすくなってしまうので、警戒してください。
では、保水機能を上昇指せるには、どんな肌の保護をしていけば良いだと言えますか?水分を保つ力を強くするための肌ケア法は、血行を正常にする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、洗顔の仕方に気をつけるという3方法です。
美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液などを使用すると保水力をアップ指せることにつながります。
スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分がふくまれた化粧品を使用することをオススメします。
血が流れやすくすることも重要なことですので、ストレッチ、半身浴は持ちろん、さらにウォーキングも行い、血液をさらさらに良い方向にもっていってください。
肌のカサカサが気になる場合には、セラミドを食事に取り入れてください。
セラミドは角質(別名をケラチンともいいます)層において細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。
というのも、角質(別名をケラチンともいいます)層には複数層の角質(別名をケラチンともいいます)細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。
表皮を健康な状態に維持するバリアのように機能することもあるため、必要な量が存在しないと肌荒れが発生する為す。
いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔の後や入浴の後は出来るだけ化粧水を使用するほか、乳液を合わせてつけると良いだと言えます。
寒い季節になるとお肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)が多くなるので、自分で出来る、肌の手入れを怠らないようにした方がいいです。
しっかりと保湿しておくことと血をよく行きわたらせることが冬のスキンケアの秘訣です。