月別アーカイブ: 2015年7月

大切なことを意識

お肌を美しく保つために最も重要なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
間違った洗顔とはお肌のトラブルの原因となりみずみずしさを失わせてしまう、要因を作ります。
お肌をいたわりながら洗う可能な限り丁寧にすすぐこと、大切なことを意識して洗う洗顔をするようにこころがけましょう。
美容の成分、ヒアルロン酸は人間の体の中にも含有されているタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」にふくまれるゲル状の物質です。
大変水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸が入っています。
WS000002
年齢と共に減少する成分なので、積極的に補充するようにしましょう。
洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上で大切なことです。
これを怠けてしまうとますます肌を乾燥させてしまいます。
加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使って下さい。
これに限らず保湿効果のある入浴剤を使ったり、温度の高いお湯を使わないというのもドライスキンに効果があります。
美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液などを使う事により保水力を高めることができます。
スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分がふくまれた化粧品がお薦めとなります。
血流を改善していくことも大切になってきますので、ストレッチ、半身浴は持ちろん、さらにウォーキングも行い、血の流れを、改善することが必要です。
寒い時節になると冷えて血液が上手に行きわたらなくなります。
血のめぐりが悪くなると肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝が乱れることになってしまいます。

丁寧に洗うことがポイント

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、可能な限り、肌をこすらないようにして下さい。
力を込めて洗うと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。
さらに、洗顔の次に必ず保湿しましょう。
化粧水のみではなく、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて使って下さい。WS000003
保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、用心して下さい。
水分を保つ力をより強めるには、どのような肌のお手入れをしていけば良いでしょうか?保水する力を高めるのに良い肌ケアは、血の巡りを良くする、美容によく効く成分をふくむ化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。
普段は肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろの後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使うと良いでしょう。
冬になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。
そうやって、きちんと保湿をすることと血行を良くすることが寒い時節のスキンケアのポイントです。
肌荒れが気になる時には、セラミドをご飯に取り入れて下さい。
セラミドという物質は角質層における細胞間の水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。
角質は角質細胞が複数層重なっていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。
表皮の健康を保持するバリアのようなはたらきもするため、欠乏すると肌荒れが発生するのです。